本象牙彫刻作品 アガペグループ ジオラマ100/1

本象牙彫刻作品 アガペグループ ジオラマ100/1

 本作品は、アフリカ産の象牙を厳選し、20kg以上の象牙を 厳密な品質検査の結果、優良な材質だけを使用した作品である。
この作品の制作期間は四名の作家が計画から三年を掛けて、全ての技術と情熱を注ぎ込んだ作品である。

日本象牙彫刻作家 小針 孤舟 (コバリ コシュウ)
日本象牙彫刻作家 小針 雅生 (コバリ ガショウ)
日本象牙彫刻作家 清水 信生 (シミズ シンショウ)
中国象牙彫刻作家 願振鵬(コシンファン)

インフォメーション

展示場所
アガペ大鶴美術館1階