アガペ大鶴美術館 特別展「よみがえる!浮世絵展」

~江戸の庶民が見た色鮮やかな色彩がよみがえる~

江戸時代に花開いた浮世絵江戸木版画は、職人の手によって引き継がれ、今日まで東京を中心に江戸の技術を継承してきました。

今回展示する浮世絵の数々はすべて、その技術を受け継いだ現代の匠、「彫師」、「摺師」が江戸時代より変わらぬ技術・技法にて作成した「復刻浮世絵木版画」です。

当時の色鮮やかな色彩をみることで、まるで150 年前の江戸時代にタイムスリップしたかのようなロマンを感じることができます。

また、葛飾北斎だけでなく、喜多川歌麿、東洲斎写楽、歌川広重と期間に分けて展示いたします。
数々の浮世絵が、江戸の庶民が見た色鮮やかな色彩が、現代に、眼前によみがえります。

浮世絵・江戸木版画とは?

江戸時代に花開いた浮世絵木版画、日本独自の多色摺り木版画の技術です。
約200年前、江戸の庶民が気軽に楽しめるフルカラーの印刷物として浮世絵木版画が大流行し、今に続く江戸木版画の技術と文化が確立しました。

絵師が原画(下絵)を描き、彫師が絵柄の色ごとの板木を彫り上げ、摺師がバレンで和紙に絵柄を摺り重ね、作品を仕上げます。絵師、北斎や歌麿が描いた原画(下絵)は彫移す時点で無くなります。江戸木版画は上記の三者の職人に加え、作品を企画・統括する出版社の役割である「版元」の四者が揃って初めて成り立つ総合芸術です。
完全な分業制をとることで、世界に類を見ない高度な技術が生まれました。

そして、その技術は、170年もの間、職人の手によって引き継がれ、今日まで東京を中心に江戸の技術が継承されてきました。今回展示する浮世絵の数々はすべて、その技術を受け継いだ現代の匠、「彫師」、「摺師」が江戸時代より変わらぬ技術・技法にて作成した「復刻浮世絵木版画」です。

亀戸梅屋舗(かめいどうめやしき)

「亀戸梅屋舗」は、歌川広重の代表作。
広重最晩年の一大連作「名所江戸百景」の一図です。
亀戸天神の東側には数百本の梅が植えられ、江戸でも名高い梅園「清香庵」がありました。本図は、水戸光國の命名説もあるという、銘木「臥龍梅」を描いたもの。画家ゴッホが本図の模写を試みて、その近代的な構図を学んでいた事は有名です。

インフォメーション

展示期間
2022年4月1日~2022年12月29日