本象牙楼閣天女仙人図 (4F)

本作は中国の古典小説や神話などの神々の世界を表現し、細密に造り込まれた中国美術最高峰の大型本象牙作品です。
上部の透かし彫り部の美しさ、天女のしなやかさ、仙人達の神々しさ、流麗に曲線を描く瑞雲、聳え立つ巨岩の堂々たる姿など中国の美しさを見事に織り交ぜた絶妙なフォルムです。細部にわたって細密に施された彫刻は、全体の構図の美しさなど優雅に表現された見事な透かし彫りを彫り上げるには卓越された技術と途方もない時間を要したことに違いありません。
H115cm x W122cm x D74cm(台含む)

インフォメーション

展示期間
展示場所
展示スペースは4階特別展示室となります。

4F

4F展示物
牙彫家・清水信生氏の作品
牙彫家 石渡峰月が象牙彫刻品
唯一無二聖母マリア様展
唯一無二聖母マリア様展