清代宮廷家具しんだいきゅうていかぐ紫檀雲龍彫刻羅漢床したんうんりゅうちょうこくらかんどこ飾り棚かざりだな




中国の家具の発展は、約15~17世紀に最盛期を迎えます。当時の家具職人は、紫檀や黄花梨など、丈夫できめの細かい質感の堅木を用い、文人の風格を取り入れながら、書法のようなラインで形と構造を設計しました。こうして所謂「明式家具」は、簡潔且つ優雅、美しく且つ堂々とした風格を確立していったのです。18世紀に世紀に至り、宮廷に於ける大量の需要に伴い、清代家具は皇室の影響力を受けながら、落ち着きと威厳、さらに豪華で複雑な美しさを備えたものへと変化していきました。また、装飾にもこだわり、彫刻、象嵌、描画、積み重ねる技法をふんだんに運用し、時には西洋の素材を採り入れることもありました。

本展示品は、清代家具の中でも第6代皇帝、乾隆帝(けんりゅうてい)代(1735年~1796年)に制作された羅漢床と飾り棚です。紫禁城内で使用されていたと云われています。

羅漢床の彫刻は皇帝彫刻は皇帝の証である「五爪二角の龍」が彫刻されています。
飾り棚には「鳳凰」「鶴」「草花」などの彫刻が施され、どちらも重厚で装飾的であるといった清代家具の特徴が伺えます。

インフォメーション

展示期間
2019年5月8日~2020年12月28日