4階展示室

4階展示室 ご案内

Gallery-4F-01

1階展示室より4階展示室へと上がって頂くと、清朝時代の象牙彫刻作品である1対の「象牙彫刻 獅子」がお迎えいたします。まずは、「象牙彫刻 ライオン」「象牙彫刻 鷲」など数多くの動植物をテーマとした象牙美術品をご覧いただけます。この動植物ゾーンでは日本象牙彫刻作家である「小針孤舟」先生が弟子と共に2年の歳月を費やし完成させた「象牙彫刻 鯉」や、中国宮廷作家による伝説の名馬といわれる「象牙彫刻 汗血馬」など数々の名品をご堪能頂けます。
動植物ゾーンに続いて仏閣関連ゾーンでは、中国宮廷職人により最高級の象牙を使用して製作された「象牙彫刻 乾隆帝の骨壷」をはじめ、本象牙を用いて、屋根には龍、鳳凰を彫刻し気品ある透かし彫りを全面に施した「象牙彫刻 楼閣」や数々の「象牙彫刻 塔」を見ることが出来ます。大きな作品で有りながらも、どの作品も緻密な造形が施されており見応えのある美術品が多数展示されております。
仏閣関連ゾーンを抜けると、常設展示ゾーンへと移ります。本ゾーンでは圧倒的な存在感を持った巨大な一本物の象牙から始まり、全長2400mm、重量55kgの巨大な一本物の象牙を台材として緻密な彫刻を施した「象牙彫刻 象牙橋」、「象牙彫刻 山水象牙橋」といった作品を見ることが出来、最後に「象牙彫刻 楊貴妃観音様」の神々しい姿に見送られ、特別な一画へと足を進めます。
常設展示ゾーンの先にはカーテンで仕切られた他のゾーンとは一線を画した特別な一画が設けられております。この一画では、「唯一無二聖母マリア様展」が通年行われております。慈愛に満ちた聖母マリア様の表情はどれも素晴らしく、最上級の象牙を日本象牙彫刻作家「清水信生」先生の高度な技術で彫り上げられた作品の数々をご覧頂けます。(現在の「唯一無二聖母マリア様展」に展示中の作品はこちらからご覧下さい)
数々の聖母マリア様を経て「象牙彫刻 ルルドのマリア様」「象牙彫刻 祝福の聖マリア様」に見送られ、4階の最後の展示室である「特別展示室」へと進みます。「特別展示室」では、他の展示室とは異なり、照明を落とし浮かび上がるようにライトアップされた空間で、「アガペ大鶴美術館(AOM)」の誇る収蔵品の中から「特別作品」のみを期間限定でご覧頂くことができます。(現在の「特別展示室」に展示中の作品はこちらからご覧下さい)

4階展示室 収蔵品


本フロアには上記代表作品以外にも多数の収蔵品がございます。

フロアマップ(4F)

※館内は下記導線(順路)を厳守の上ご覧ください。

800x370-4F-01