1階展示室

1階展示室ご案内

Gallery-1F-07

エントランスより1階展示室に足を進めると「アガペ大鶴美術館(AOM)」のプロローグとして巨大な象牙のゲートに続き、本館の西に位置する「アガペの丘」を日本象牙彫刻作家「清水 信生」先生が象牙彫刻作品で表現した大作が現れます。
ここからエレベーター、階段をご利用いただきまして4階展示室へ上がっていただきます。

4階から3階、2階と堪能していただいた後、1階展示室の巨大な数々の作品を「アガペ大鶴美術館(AOM)」のエピローグとしてご覧頂きます。関西を代表するお祭り「だんじり祭り」の「象牙彫刻 だんじり」、中国の歴史を現代に感じさせる巨大な「象牙彫刻 九龍壁」をはじめ、「象牙彫刻 軍船」「象牙彫刻 宝船」などの象牙作品による大作が圧倒的な迫力を持って次々と現れます。
そして、本美術館の中でも突出した美術品である「世界一大きな象牙彫刻姫路城」(横250cm 奥行150cm 高さ190cm 重さ155kg)、本作品はミシュランガイドで日本の観光地として3つ星を獲得し、世界が認める美しさを誇る「世界文化遺産姫路城」を上質の象牙をふんだんに使い、精密な造形により再現した大作です。(世界一大きな象牙彫刻姫路城の詳細はこちらをご覧下さい。)その他にも中国非物質文化遺産である「衝立」や「象牙彫刻 日本丸」など数多くの美術品が来館者をお迎えいたします。
「アガペ大鶴美術館(AOM)」のエピローグをご堪能頂きましたら、感動の余韻を感じていただきながら「ミュージアムショップ」をご覧下さい。この感動をご家族・ご友人にお伝えできる素敵な贈り物の数々が、きっと見つかるはずです。

1階展示室収蔵品


本フロアには上記代表作品以外にも多数の収蔵品がございます。

フロアマップ(1F)

※館内は下記導線(順路)を厳守の上ご覧ください。

670x370-1F-01